もっと聞きたくなる音~Polonaise in A flat major Op. 53~

2016-01-04

 

 

昨年2015年の10月に行われた『第17回フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール』。

コンクールの覇者、チョ・ソンジン氏がこのコンクールの第2ステージで

演奏した様子を収めたのが上の動画です。

 

曲は、ショパンのポロネーズ 第6番 変イ長調 Op.53「英雄」 です。

彼の卓越した演奏力が織り成すピアノを弾く力と間のコントロールや、音の流れを絶やさずに

弾いているところは素晴らしいと思います。

 

さて、「エリザベート王妃国際音楽コンクール」、「チャイコフスキー国際コンクール」

と合わせて世界3大コンクールの一つと呼ばれる「ショパン国際ピアノコンクール」ですが、

このコンクールの名前にもなっているフレデリック・ショパンは、1810年にワルシャワに

生まれました。

 

英雄ポロネーズが作曲されたのは1842年なので、ショパンが32歳のときに作曲したことになります。

1839~1843年がショパンの創造性が最も発揮されたといわれており、その最中に英雄ポロネーズが

作曲されました。

また、ショパンのポロネーズは「英雄」だけで無く、他に「軍隊」と「幻想」のポロネーズが

有名です。

 

ピアノコンクールの話に戻ると、コンクールに出ている他の演奏者の演奏を聴いてみると、

曲は同じでも、曲の表現の仕方、「幻想」の見せ方が演奏者それぞれで違うのが

分かると思います。

 

チョ・ソンジン氏のエアーキャップ(ぷちぷち)を潰していく時のような絶妙な演奏は、

もう一度聞きたくなる気持ちを高めてくれます。

 

 

via.

フレデリック・ショパン

ポロネーズ

Chopin Piano Competition Competition Rules

Seong-Jin Cho – Polonaise in A flat major Op. 53 (second stage)

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.