Archive for the ‘ビジネス x Abstract Layer’ Category

エンツォ・フェラーリ方式

2015-10-18

(2015/10/21 更新あり)

8455458527_761a26e25e_z

by Leo Hidalgo

 

 

いつも当HPの投稿をお読み頂きありがとうございます。

 

さて、今回は告知目的で投稿させて頂きます。

 

これまで、デザイン関連や映像関連、アート関連と、もちろんコーチング関連

の投稿をほぼ毎日してきました。

 

これらのほぼ毎日の投稿は、あるマインドの能力の側面により生み出されています。

 

それは、「クリエイティビティ(想像力と創造力)」です。

 

 

現在、「”もの”の抽象度に囚われない抽象度の高いものづくりのカタチを世界に提供する」

という理念の下、法人設立することを考えています。

 

「もの」の抽象度に囚われないとは、物理的で機能を果たす固体の「もの」から、

映像作成といった少し抽象度の高い動きがある「もの」、そして音楽や芸術といった

アートとしてのものづくりを含むことを指します。

 

その活動を通して、すべての人が抽象度の高いやりたいことをやっている世界の実現に繋がる

ことを望んでいます。

 

それに際しまして、出資者募集、共同取締役募集をしたいと思います。

 

詳細につきましては後ほど書きますが、この時点で興味がある方は[email protected]まで

ご連絡下さい。

 

2015/10/21 更新

HPの下に事業内容(案)を追加しました。

 

日本の印刷2強が生き残っている理由

2015-10-02

6622472387_5b047e5b3a_z

by JasonParis

 

 

「物理的な本の行方」でアメリカの出版業界では電子書籍の売り上げ

が低迷していることについて書きました。

 

そして、今日は日本の出版業界では電子書籍の売り上げがどのような

動きを見せているのかについて書きたいと思います。

 

日本で印刷2強と呼ばれている企業は、大日本印刷と凸版印刷です。

 

凸版印刷の 平成28年3月期 第1四半期決算短信を見てみると、

出版事業が含まれる≪情報コミュニケーション事業分野≫ に関しては、

売上高は前年同四半期に比べ2.3%増の2,150億円、営業利益は

37.0%増の70億円となっています。

 

また、大日本印刷の平成28年3月期 第1四半期決算短信によると、

電子書籍関連事業が含まれる印刷事業の中の情報コミュニケーション部門全体の

売上高は、1,998億円(前年同期比2.8%増)、営業利益は73億円

(前年同期比24.6%増)となっていることが分かります。

 

これを見て分かるのは、必ずしも電子書籍の売り上げの低迷が

企業にとって問題になる訳ではないということです。

 

というのは、大日本印刷も凸版印刷も、出版・印刷事業だけを

やっている訳ではないところからも分かることが出来ます。

 

大日本印刷は2009年、古本最大手ブックオフへ出資したほか、

大手書店の丸善、ジュンク堂などを傘下におさめました。

 

凸版印刷は、液晶テレビ用のカラーフィルタや半導体などの

エレクトロニクス分野に積極的に進出しはじめました。

 

そうなると、電子書籍はこれから一体どうなっていくと考えられる

でしょうか。

 

まず、電子書籍と紙の本との違いは、媒体の抽象度の違いにあります。

 

電子書籍は、本を読んでいるという感覚は薄れますが、大量の本を

一つの媒体で読むことが出来ます。

 

紙の本は、読みたい本が大量にあった場合、一度に持ち運ぶのは困難ですが、

ページの厚みやページをめくる感覚を感じることが出来ます。

 

どちらにしてもいえることは、本の内容は同じということです。

 

電子書籍にしても、紙の本にしてもどちらを読むのは自由です。

それよりも、著者の書いている内容を正しく理解することの方が重要だと思います。

 

via.

東洋経済ONLINE|印刷2強、大日本印刷と凸版印刷を分析する

 

 

 

 

物理的な本の行方

2015-10-01

6736897755_3e3a736759_z

by Zhao !

 

 

今から5年前、電子書籍の登場によって紙の本の行く末が不透明になりました。

 

2008年から2010年の間に1260%も電子書籍の売り上げが増加し、

2015年までに電子書籍の売り上げが、印刷本の売り上げを超えるとも

いわれていました。

 

しかし、2015年現在、アメリカでの電子書籍の売り上げは急速に鈍化します。

 

その原因は、電子書籍を読んでいた人たちが紙の本に戻ったため、あるいは、

電子書籍と紙の本を両方持つハイブリッド型に移行したためと考えられています。

 

それに、デジタル形態の書籍は電子書籍が初めてのものではなく、それが

登場する以前にも存在していました。私のこの投稿も同じようなものです。

 

そこで電子書籍が売れている背後にあるのは、2008年頃に各社が発売した

電子書籍リーダーの存在です。

 

電子書籍リーダーと電子書籍の売り上げの関係性は、

フォレスター・リサーチ社の調査データにより分かることが出来ます。

 

その調査データによると、2011年には約2000万台だった

電子書籍リーダーの売上台数が、昨年は約1200万台と大幅に

低下しているといいます。

 

ここまでの話はアメリカの出版業界の話です。

それでは日本の出版業界での電子書籍の位置づけは

どのようになっているのでしょうか。

 

To be continued!

 

via.

現代ビジネス|アメリカで電子書籍の売上が大失速!やっぱり本は紙で読む?

 

 

 

 

 

 

良いドリームキラーの存在

2015-09-18

50088733_58935531ce_z

by SuperFantastic

 

 

もうすでにご存じの方も多いかもしれませんが、アメリカのテキサスの高校生

であるアフメド・モハメドさんが自作の時計を高校に持って行ったところ、

それが爆弾であると勘違いされる事件がありました。

 

その事件が起こったことに関して、アメリカ合衆国のオバマ大統領や

Facebook社のCEOであるマークザッカーバーグ氏などが彼を応援する

コメントをしています。

 

 

 

 

 

このように一夜にして「時の人」になったアフメドさんですが、

ものづくりが好きでホワイトハウスやFacebook社などから招待されるのは

とても名誉あることだと思います。

 

アフメドさんは、今後MIT(マサチューセッツ工科大学)に進みたいと

考えているようですが、例えばアフメドさんが将来どこかの企業に

入ったとして、その企業が、アフメドさんがものづくりが好きだから良かれ

と思ってものづくりだけをやらせたら、それは良いドリームキラーに

なってしまいます。

 

そして、ものづくりが好きなことは何の問題もありませんが、ものづくりが

好きなだけでは成長は望めません。

 

ものづくりをするならば、ものづくり以外のこともバランス良く経験を積む方が、

結果的に「ものづくりも含むもの」を成長に導く可能性が見えてきます。

 

via.

Gigazine|自作時計を「爆弾だ」と誤解され警察に逮捕された高校生、オバマ大統領から「ホワイトハウスにおいで」と招待される

Forbes Japan|ザッカーバーグ「爆弾犯と間違われた少年」をFB本社に招待

 

 

 

会社をフリーで設立する方法

2015-09-09

14227004416_da096ee471_z

by K2 Space

 

会社を創設するためには、様々な書類を作成する必要があり、初めて

会社を設立する場合には、その書類の作成にたくさんの時間を浪費

してしまうことになります。

 

その会社設立のための書類の作成を無料で代行してくれるサービスが

会社設立 freee(フリー)」というサービスです。

 

会社設立の書類の作成代行は無料ですが、会社を作るための所定の

収入印紙代と定款の認証費用は最低限かかります。

 

また、freee電子公告サービスという電子公告を公開してくれる

サービスもあるので、官報に載せるよりも公告の費用を抑える

ことが出来ます。

 

 

ところで、新会社法が定められる以前は、株式会社なら資本金1000万円以上

が条件でしたが、今は資本金に条件は無く、freeeのような無料で会社設立

するための書類を作成出来るようになって、会社設立が前よりも簡単に

なりました。

 

ここで忘れないでほしいのは、会社設立というのはこれから会社を

育てていくための過程でしかないということです。

 

会社としての抽象度の高い「ゴール」を設定すれば、自然とその会社

にはお金が集まってくるはずです。

 

via.

Gigazine|無料で会社設立に必要な書類を5分で簡単に作成できるサービス「会社設立 freee」

 

 

 

お金の基本は「信用」である

2015-08-28

26b6efaf61c0925aa784bd85863a09a5_s

©photo AC

 

私の財布の中には「平成3年」に作られた5円玉が入っています。

 

この平成3年に作られた5年玉は、現在平成27年までの24年間世界のどこかを巡って、いま

私の財布の中にあります。

 

そして、もし私がこの5円玉を何かに使ったら、また新たな場所へと流れていきます。

 

さて、ではお金は流れながらどこに集まっていくのでしょうか?

 

その鍵を握るのが「信用」だと

『The Money 7つの原則 ~私たちは幸せなお金持ちになるために生まれてきた~』

(サンクチュアリ出版/刊)の著者である竹井佑介さんは言います。

 

銀行でもそうですが、「信用」が無かったら銀行はお金を貸してくれません。

 

ですが、「信用」があるかないかというのは今までの状態に対しての評価のことを言います。

 

評価するときは時間の中の「未来」の部分は含まれません。

 

「未来」まで含めて考えると、いま信用されているかどうかはそれ程重要では

ありません。

 

他の人にお金の使い方を信用されるようなことをやっていれば、お金は集まると思いますが、

たとえ、いますぐにお金が集まらなくても、やりたい内容が抽象度の高いことであるならば、

やがて全体のお金の流れ方が変わっていくはずです。

 

via.

新刊JP|お金が集まってくる人のお金の使い方

 

トウモロコシの種が狙われている

2015-08-21

最近中国のバイテク関連企業の重役がアメリカのトウモロコシの新型種子

のテスト農場から、アメリカの種子開発大手メーカーが開発した遺伝子組み換え種子

を盗んで逮捕されるという事件がありました。

 

その理由は、中国でトウモロコシのハイブリッド種を開発することが目的と

されています。

 

ハイブリッド種というのは「F1品種」や「一代雑種」とも呼ばれるもので、

雑種強勢(ヘトロシス)という性質を利用して作られた品種のことを指します。

 

ハイブリッド種にもメンデルの遺伝法則が働くので、農家の人は毎年種子会社から

ハイブリッド種の種を買わなければ品質を維持することが出来なくなります。

 

中国のバイテク関連企業も、恐らく独自にハイブリッド種を開発したように

見せかけて、各農家に対して種子を販売しようと策略していたのでしょう。

 

 

さて、そもそも産業スパイとしてアメリカから種子を盗むという行為は

良い行為とは思えませんが、もし仮に別な視点として、抽象度の高い視点から

考えたとすると、

 

「アメリカが中国にハイブリッド種の作り方を教えたらどうか」というアイデアが

浮かんでくるかもしれませんが、それは残念ながら抽象度が高いとは言えません。

 

恐らく、アメリカの種子開発企業も自分たちの利益のために種子を開発

しているはずです。ハイブリッド種の作り方をアメリカが知っているからといって、

アメリカが教えても自分たちの利益のためにやっている限り抽象度は上がっていきません。

 

本来抽象度の高い視点から考えると、中国のバイテク関連企業が独自に

ハイブリッド種を開発して、その作り方をほかの種子開発企業に教える

という普通のビジネスの考え方ではあり得ないことをすれば抽象度が

高いと言えそうです。

 

もちろん一部分の人がそれをやっても最初は変化は見えないかもしれませんが、

最初高かった抽象度もやがては下がってくるので、変化が目に見えてきます。

 

その時の変化が見えてきたとしても、いつも通りの抽象度の高い思考は

やり続けるのがベストです。

 

via.

GIGAZINE|中国人はなぜアメリカでトウモロコシを盗もうとするのか?

FOOCOM.net|中国人によるGM種子泥棒は米国国家に対する経済スパイ活動か?

起業家親子の子育てストーリー

2015-08-12

親子で起業家の顔を持つことで注目を集めている椎木隆太・里佳親子。

 

起業家のマインドを持つ父親は、子育てにもそのマインドの使い方を

活用しているようです。

 

椎木隆太さんは、数々の世界的な人気TVシリーズのプロデュースを手がけ、

米国プロデューサー組合会員の肩書きも持つ。株式会社DLE代表取締役。

その活動は世界に及んでいます。

 

椎木里佳さんは、株式会社AMF代表取締役で中学3年のときにAMFを創業。

マーケティングサポートや、女子中高生の「かわいい文化」を世界に発信する

「JCJK調査隊」のほか、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画

プロデュースなどの事業活動を展開している人です。

 

そんな椎木親子ですが、15歳で里佳さんが起業したときに、父親の隆太さんは

 

経営者としてのスペックは全然足りませんが、逆に17歳という若さで

経営者に相応しいスペックを備えられるワケがない。必要なことは、

これから学んでいけばいいんですよ。

そもそも、彼女が起業を決断したとき、僕がいちばん応援したいと

思った理由は“娘の成長”にありましたからね。

 

と言っています。これは親としての娘の成長と、経営者としての娘の成長を応援したい

という意味で言ったのでしょう。

 

隆太さんのように子供が自分で決めたことを親がいつでも応援してくれたら、

それが失敗しようが成功しようが、どちらにしても子供は成長することでしょう。

 

via.

QREATORS|女子高生起業家のルーツを探る!【椎木親子の場合。前編1/2】

QREATORS|起業家親子の子育てストーリー【椎木親子の場合。後編1/2】

よく眠れるホテルの共通点

2015-07-27

ホテルと一口に言っても、世の中にはいろんなホテルが存在します。

 

例えば、プールがついていたり、スパが併設されているホテルなどです。

 

でも、どんなホテルにも共通するものがあります。

 

それは、基本的にホテルは眠る場所という点です。

 

 

;いい眠りの条件は人によって違う

 

いい眠りを得たいからと言って、高級ホテルに泊まればいい眠りが

必ず得られるかというとそうではありません。

 

枕にしてみても、硬めが好みの人もいるでしょうし、柔らかめが好きな人も

います。

 

高級ホテルであれば枕を選べるサービスはそんなに珍しいことではないそうですが、

この「いい眠りを提供する」というのは今後のホテル業界の基本になり得そうです。

 

 

;ホテルをお手本にして自分の家でも最高の眠りを

 

もしも、ホテルで最高に質の高い睡眠を得ることが出来たなら、どうせなら

自分の家でもその質の高い睡眠を再現したいものです。

 

そのためにもホテルは、私たちのお手本となるような存在でなければいけません。

 

人生の3分の1から4分の1の時間は睡眠に費やされると言いますし、多相睡眠など

しようものなら、なおさら眠りの環境は良くした方がいいでしょう。

 

via.

東洋経済ONLINE|これが一流と呼ばれるホテルの共通点だ

思考の抽象度を上げる方法

2015-07-23

335587882_eedf95c0c5_z

by Stig Nygaard

 

 

;重要なのはスキルではない

 

我々が仕事をするときには、それに関係する専門知識が必要になります。

例えば、画家ならば新しい画法を学ぶことですし、デザイナーなら

新しいレンダリングプログラムを学ぶことです。

 

かといって、新しい画法を使って絵を描くことや新しいレンダリングプログラム

をつかってデザインすることは、スキルに過ぎません。

 

いくら新しい画法ですごい絵を描いても、シェアする方法を知らなければ、

いつまでもその絵は世の中に知れ渡ることはないかもしれません。

 

だからこそ、思考の抽象度を上げる必要があります。

 

 

;思考の抽象度を上げるには

 

例えば、Adobe Premiereを使ってアニメーションを作成したとします。

でも、それではAdobe Premiereを使いこなすスキルが身につくだけで、

思考の抽象度に変わりはありません。

 

思考の抽象度を上げるためのひとつの方法として、そのものが何のために

そこにあるのか、それがどんなものと関わりがあるのかを考えるといった

方法があります。

 

それを実践してみると、自分がまだ知らない情報があるのに気がつくはずです。

もしかしたら、その情報はAdobe Premiereからスタートしたとしたら、

Adobe Premiereから全くかけ離れている業界の情報かもしれません。

 

 

;今持っている専門スキルが役に立つとき

 

デザイナーであるCharles氏とRay Eames氏は建築学を専門スキル

として持っていますが、彼らは建物をデザインするだけではなく、

家具をデザインしたり、映画をプロデュースしたり、おもちゃを

発明したり、グラフィクスを作ったりといろいろなことを

やっているそうです。

 

このような異業種で新しいアイデアがたくさん出てくるのは、

彼らの建築学の専門スキルに何処かしら通じるものがあるからです。

 

たとえ異業種に踏みいるときも、持っている専門スキルに通じるものがある限り、

持っている専門スキル(Thinking)が役に立ってきます。

 

via.

99u.com|Expand Your Thinking, Not Just Your Skillset

 

(2015/10/11 rev.1)

« Older Entries
Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.