Archive for the ‘シネマアナリティクス x Mind Profiling’ Category

エンツォ・フェラーリ方式

2015-10-18

(2015/10/21 更新あり)

8455458527_761a26e25e_z

by Leo Hidalgo

 

 

いつも当HPの投稿をお読み頂きありがとうございます。

 

さて、今回は告知目的で投稿させて頂きます。

 

これまで、デザイン関連や映像関連、アート関連と、もちろんコーチング関連

の投稿をほぼ毎日してきました。

 

これらのほぼ毎日の投稿は、あるマインドの能力の側面により生み出されています。

 

それは、「クリエイティビティ(想像力と創造力)」です。

 

 

現在、「”もの”の抽象度に囚われない抽象度の高いものづくりのカタチを世界に提供する」

という理念の下、法人設立することを考えています。

 

「もの」の抽象度に囚われないとは、物理的で機能を果たす固体の「もの」から、

映像作成といった少し抽象度の高い動きがある「もの」、そして音楽や芸術といった

アートとしてのものづくりを含むことを指します。

 

その活動を通して、すべての人が抽象度の高いやりたいことをやっている世界の実現に繋がる

ことを望んでいます。

 

それに際しまして、出資者募集、共同取締役募集をしたいと思います。

 

詳細につきましては後ほど書きますが、この時点で興味がある方は[email protected]まで

ご連絡下さい。

 

2015/10/21 更新

HPの下に事業内容(案)を追加しました。

 

『本当に大切なものを求めて』~映画『マイ・インターン』~

2015-10-11
2646295354_59da66b79a_z

 

副題:「魅力的な男性になるためには」

 

 

アン・ハサウェイ主演の映画「マイ・インターン」を観てきました。

 

この映画は、ナンシー・マイヤーズ監督らしいコメディ性が取り入れられ

つつも、キャラクターそれぞれが「本当に大切なもの」を相手に求める行動

を垣間見ることが出来る映画だと感じました。

 

その中でも、特に魅力的に見えるのがロバート・デ・ニーロ演じる

シニアインターンの男性”ベン”です。

 

彼は、オンラインファッションサイトのCEOであるジュールス(アン・ハサウェイ)

のシニアインターンでもあり、彼女の最高の友人でもあり、また人生の相談役

でもある人物として描かれています。

 

ジュールスや仕事の仲間たちに語りかけるベンの言葉の一言一言は、映画を観ていて

「本当に大切なもの」に相手に気づいてもらうための言葉に聞こえてなりませんでした。

 

ベンの年齢は、映画の中では70歳という設定で、ロバート・デ・ニーロ自身の年齢も現在72歳

ですから、人生経験から醸し出されるベンの余裕はロバート・デ・ニーロ以外に真似できない

かもしれません。

 

ということで、今回の投稿には副題:「魅力的な男性になるためには」を付け加えさせて

頂きました。

 

私もこの映画を観て、デニーロをお手本にしてハンカチをいつも持ち歩こうと思います。

その理由は映画を観れば分かります。

 

この映画は男性にとって、女性に魅力的と思われるためのヒントが隠された映画でもあるので、

興味がある方は一度映画館で観てみてはいかがですか?

 

 

via.

ぴあ映画生活|答えは“自分の中”にある。アン・ハサウェイが語る新作『マイ・インターン』

 

 

 

ある法医学者とNFLの闘い

2015-09-02

 

2005年、法医学者のBennet Omalu氏はChronic Traumatic Encephalopathy

(CTE,通称:慢性外傷性脳症)の発見を論文で発表しました。

 

CTEは脳への反復する衝撃によって、進行性の脳組織の変性が起こることをいいます。

アメリカンフットボールやボクシング、アイスホッケーの選手や、脳しんとうを繰り返した

兵士も起こりやすいとされています。

 

その論文を発表した際、Omalu氏はNFLから圧力を受けることになります。

 

その論文が正しいとされれば、NFLが毎年活躍する1700人のプロアメフト選手を危険に

さらしていることになってしまうからです。

 

ここから、真実を知らせたいOmalu氏と真実を隠したいNFLの闘いが始まります。

 

もともとOmalu氏はフットボールに精通している人ではありませんでした。

彼のCTEに関する研究がスタートしたのがNFLチームであるPittsburgh Steelers

のMike Websterの脳を解剖したときのことでした。

 

Webster氏は脳振盪後症候群による心臓発作により死亡したとされていました。

脳振盪後症候群の症例は、認知機能障害や抑うつ状態を呈するもので、

早発性のアルツハイマー病の一種とも考えられていました。

 

しかし、そのとき脳に何が起こっているのかは誰もわかりませんでした。

 

Omalu氏は、脳と脳のタンパク質に着目して、アルツハイマー病とCTEの

違いを発見し、論文を発表したのですが、NFLから猛反発を食らって

その猛反対ぶりは病気に関するカンファレンスに招待されないなど、

アメリカでの生活を脅かされているように見えるほどだったといいます。

 

しかし、Omalu氏は自分の発表した論文が真実だと知っていました。

そして、何千にもの選手が命を危険にさらしていることを誰よりも

知っていたのは彼でした。

 

CTEは現在でも多くの謎が残されています。

ですが、CTEが認知されるようになったのも、Omalu氏が利害関係者と

闘ったおかげです。もし闘っていなければ、今頃被害は深刻になって

いたかもしれません。

 

今までのストーリーは本当にあった話です。

この実話をもとにした映画『Concussion』が今年の12月にアメリカで公開されます。

 

どういう行動が抽象度が高く正しい行動なのか、

また他人に影響されず、ブレない意思を持ち行動するためのヒントにもなる

映画だと思うので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

source:

POPULAR SCIENCE|In ‘Concussion,’ Will Smith Plays Pioneering Doctor Who Challenged The NFL

 

ブレない意志の強さ

2015-09-01

5479006078_cf8fe829ed_z

by Jason Hargrove

 

ある業界のことが知りたかったら、その業界に実際に入ってみると

その業界のことがよく分かります。

 

ですが、業界に実際に入らなくてもその業界の概要を掴むことは出来ます。

 

その方法の一つとして、「映画」の活用があげられます。

 

例えば、ファッション業界の概要が知りたかったら、次の3つの映画を見ると

3つの異なる方面からファッション業界を俯瞰することが出来ます。

 

1.『イヴ・サンローラン』
2.『ファッションが教えてくれること』
3.『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』

 

1.の『イヴ・サンローラン』はブランドサイドから、2.の『ファッションが教えてくれること』は

雑誌サイドから、3.の『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』は小売りサイドからと、

それぞれ違った視点からファッション業界について描かれている映画です。

 

そして、この3つの映画に共通して描かれている行動があります。

 

それは、「決して妥協をしない」ということです。

 

コーチングにおいても同じで、自分のゴールに対して他人に影響され、

妥協をするような行動はしません。

 

この3つの映画にそれぞれ登場してくる企業も、周りの企業に影響されて経営者の

意思がブレるということはなかったはずです。

 

もし、他人の影響で妥協をしてしまうようであるなら、ゴールをもう一度

見直してみてはいかがでしょうか。

 

via.

Lifehacker|ファッション業界のプロフェッショナルたちから学ぶ「ブレない意思の強さ」 ~映画で業界研究!

 

 

 

 

Peace One Day

2015-08-13

 

今日から約5週間後の9月21日は、Peace Day (国際平和デー)という国連が定めた

平和の記念日があります。

 

このPeace Dayは国連が定めたものですが、その裏ではある一人の男の野望が世界を変える

きっかけになっていました。

 

その男の名前は、Jeremy Gilley (ジェレミー・ギリー)という俳優です。

 

その男の野望は、毎年9月21日にPeace Day (国際平和デー)という記念日を創ること。

そして、その日は戦争や暴力を行わない日にすることです。

 

彼の野望は世界を変え、また多くの人のこころを動かしました。

 

女優のアンジェリーナ・ジョリーや俳優のジュード・ロウもその内のひとりでした。

 

そんなジェレミー・ギリーがどうやって毎年9月21日を国際平和デーにすることが出来たのか

に迫るドキュメンタリー映画が「The Day After Peace」という映画です。

 

上の動画も、その映画の一部分になっています。

 

映画なのですが、残念なことにこの映画は上映されておらず、特に日本語字幕版は

上映会を開催しないと見られないようです。

 

ですが、この映画を日本語字幕版で見たい方は9月21日(月)に“Liberty Cinema Club”

で見られるようです。

 

この映画は人がゴールに向かって行動しているときのエネルギー感が

生々しく伝わってきますし、またコーチやメンターとしての在り方も

教えてくれるような映画だと思います。

 

via.

youtube|PeaceOneDay

peaceoneday.org

UFPFF|ザ・デイ・アフター・ピース作品紹介

TAJIMA+|ザ・デー・アフター・ピース

 

 

 

「真実は何か」攻殻機動隊 新劇場版 GHOST IN THE SHELL

2015-06-21

つい先程まで6月20日(土)公開の「攻殻機動隊 新劇場版 GHOST IN THE SHELL」

を映画館で見ていました。

 

ちょうど、「攻殻機動隊 新劇場版」のテーマになっているものが「真実は何か」だったので、

今回は「攻殻機動隊 新劇場版」の世界に迫って見ようと思います。

 

ここから先は多少映画の内容に触れますので、映画の内容を知りたくない方は、

映画を見てからここから先を見てください。

 

 

 

私がこの映画を見て感じたのは、「一つだけで真実が成り立っている訳では無く、様々なことが

組み合わさって真実が成り立つ」と言うメッセージが込められているのではないかと感じました。

 

元陸軍501機関と独立攻勢部隊(攻殻機動隊)の戦闘シーンで考えてみると、攻殻機動隊の

一人一人が自分にとっての真実を探し続けたからこそ、チームとして勝利出来たことからも、

一つ(一人)だけで真実が成り立ってないということが分かるのではないでしょうか。

 

また、元陸軍501機関のクルツが望んだ「第3世界」へのフルアクセスを、草薙素子が嫌がったのも、

生身の部分と情報空間の繋がりは保っておきたかったからではないかと感じました。

 

是非、これからこの映画を見る方の、見る際の視点の参考になれば幸いです。

 

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには一切関係ありません。

 

via.

攻殻機動隊 新劇場版 GHOST IN THE SHELL

 

 

 

 

演劇における真実とは何なのか

2015-06-16

以前の投稿で何度か登場してきた「真実」の演技という言葉のなかの

「真実」の意味についてもう一度違う視点から考えてみようと思います。

 

まず「真実」という言葉の意味についてですが、一般的な辞書によると真実とは、

嘘や偽りがなく、ありのままの様子であることを言います。

 

そこから、真実の演技とは何なのかというのを考えると、

演出家のゴールに向かいつつも役者としてのゴールにも向かって行動している状態

と言えると思います。

 

その状態は”役者として”「真実」の演技が出来ている状態です。

では、真実の演技が出来るとどんなメリットがあるのでしょうか。

 

それは、見ているお客さんに影響を与えることが出来ることと、

演技をしている役者同士に影響を与えることが出来るメリットです。

 

*紹介する動画の中に「真実」の演技に繋がる、あるものが隠されています。

あるものとは、メインに話している人にあるとは限りません。

また、英語が分かる分からないはあまり関係ありません。

興味がある方はいろいろな角度から動画を見て「真実」を探ってみてください。

答えは次の投稿に書いてあります。

 

To be continued!

 

13年間の時間経過を2時間の映画で伝える

2015-06-08

映画『時をかける少女』や『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』と、

数々のヒットアニメーションを繰り出すアニメ監督、細田守さん。

 

今年の7月11日(土)より「バケモノの子」という最新タイトルの全国ロードショー

も決まっています。

 

その細田守監督の作品の中から、『おおかみこどもの雨と雪』を分析したいと

思います。

 

まず、この映画のテーマは「親心」と言っていいと思います。

 

主役となる 花(声:宮崎あおい)が、おおかみおとこ(声:大沢たかお)と恋に落ち、

おおかみこどもの雨と雪を授かるところから物語は始まります。

 

おおかみこどもである雨と雪は、おおかみこどもであることを隠しながら、普通の

人間の暮らしを送っていきます。

 

そして、それぞれの道を歩き出した雨と雪に決断の時が訪れます。

おおかみとして生きるか、人間として生きるか。

花も、母親としてふたりの判断を見守ります。

 

この映画のテーマであろう「親心」という言葉は充分抽象度が高い言葉です。

 

細田守監督インタビューで語られていますが、”おおかみおとこ” 役の大沢たかおさんは、

自分のアフレコが無いときにも、朝から現場に来て、出番待ちをしている

子供達の世話をしていたそうです。

 

こういう行動が本当の”親心”に繋がっているに違いありません。

 

via.

映画 おおかみこどもの雨と雪

 

 

メソッドシステムの問題点の解決法

2015-05-22

まず、スタニスラフスキーメソッド、メソッド演技法合わせてここでは

メソッドシステムと表記します。

 

メソッドシステムには問題点が挙げられていて例えば、メソッドシステム

のコントロールが効かなくなると役者の日常生活に悪影響を及ぼしたり、

過去の記憶を追体験しながら演技をするに当たり、例えば神様の役を

演じるときにリアリティーをどう出すのかといったことが指摘されています。

 

さて、演劇や映画の作製する際には演出家が関わります。

その演出家の仕事は全部の役と、その作品の作者の世界との関係性を

築き上げることです。つまり、演出家の意向次第で作品の作者の世界を

忠実に表現することも、演出家の思い描くイメージを織り交ぜて

その作品の世界を表現することも可能なのです。

 

また、日本の伝統芸能には「能楽」というものがあります。能楽に

詳しいわけではありませんが、大きく分けて現在能と夢幻能に分かれるそうです。

そして夢幻能には神様が主人公になっている物語があると言います。

ということは、これも演出家の意向次第ですが、能楽を参考にして

神様を表現することは可能なのかもしれません。

というよりも、実際に能楽の表現方法を利用して「古事記」を演出した演出家は実在します。

 

何が言いたいかと言えば、演出家の作品に対するアプローチ次第で

悲劇的な自体をあらかじめ回避して演出の設計をすることが可能だということです。

役者に悲劇的な自体を起こさないために喜劇的なアプローチで

作品を表現するのも私はアリだと思います。

 

via.

能楽への誘い

演劇とは何か (岩波新書)

メソッド演技法 – Google 検索

メソッド演技を操る役者たち

2015-05-21

アメリカで生まれた演技法にメソッド演技法というものがあります。

メソッド演技法は、コンスタンチン・スタニスラフスキーの演劇理論

を基につくられました。

 

どちらの演劇理論にも共通して言えることは、演じる際には演じる役に対してリアリティー

を感じることです。より演じる役をリアルにするためには徹底的にその役に

関する情報を調べないといけません。

 

その時代についてやその時の文化や風土、職業について、その人の持つ癖についてなど

を調べて、イメージする必要があります。

 

もちろん、一人芝居で無い限り他の役者との関係性や、作者が表現したい世界との

関係性も考えないといけません。

 

それで、台詞からは分からない情報から役のリアリティを上げることが可能になります。

 

本当に作者が表現したい世界にアクセスするには台詞だけに捕らわれていてはいけない

ということですね。

 

via.

Youtube|Top 10 Method Actors

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.