Archive for the ‘マインドアナリティクス x Mind Hack’ Category

未病という考え方

2016-02-22

14749859573_4c792eeb9c_z

by with wind

 

 

「未病」という言葉があります。

 

未病という言葉は今から約2千年前に中国の医学書「黄帝内経」に出てきたのが始まりと言われています。

未病という状態があるのは、私たちにはこころと身体があるからで、極端に病気の状態と健康の状態が

入れ替わるわけではありません。

 

日本未病研究学会によると、未病とは

 

「健康状態の範囲であるが病気に著しく近い身体又は心の状態」

 

と一応ではありますが定義してあります。

しかし、未病の確立した定義は無いのが現状のようです。

 

つまり未病の定義がどうであれ、常に健康の状態であることが良いはずです。

未病はサインでしかありません。

 

とはいうものの、未病の状態は自覚症状や他の人から見てもわからないものも

含まれるとのことなので、サインそのものに気づかない場合もあります。

 

その場合は、悪くても未病の段階で生活習慣の改善をする必要があります。

生活習慣の改善をすれば、そもそも未病にもならないはずだからです。

 

”身体”の病気にならないためには、生活習慣そのものを改善してみて下さい。

 

via.

未病とは|日本未病研究学会

未病について詳しく知る|養命酒

 

 

 

How to Play Pool

2015-11-16

 

上の動画では、チャイニーズ8ボール・マスターズで4回世界一に輝いたイングランドの

プロプールシューターGareth Potts氏が、いわゆるビリヤードのコツについて教えています。

 

まずビリヤードの起源は紀元前400年のギリシャ時代まで遡るといわれています。

その頃は屋内ではなく屋外で、丸い石を棒で突くというスポーツが行われていたそうです。

 

そして14世紀頃に、ヨーロッパ全土でビリヤードが大流行します。

その後、この動画にあるようなポケットビリヤード台がイギリスで生まれました。

 

このポケットビリヤード台でビリヤードをすることを一般的に(play) “pool”といいます。

 

さて上の動画では、白い球を使って黄色や赤色の球をポケットに落としていき、最後に

黒い球をポケットに落とします。

 

例えば黄色の球をポケットに落とすだけなら、ポケットから黄色い球までの直線をイメージ

して、その球1個分先のところに白い球を当てることが出来れば、自然と黄色い球はポケットに

入ることになります。

 

しかしこの動画の場合は、落とす球はひとつではありません。他の球に触れずに、狙った球を

確実に落とす必要があります。そして、打った白い球の行き先を次に落とす球に対して、良い位置

にコントロールする必要もあるのです。

 

Gareth Potts氏がワールドチャンピオンに輝いたチャイニーズ8ボールですが、採用されるルールは

毎回変わるそうです。基本的な流れとしては、最初に1番~7番(ローボール)か9番~15番

(ハイボール)を決めて、その6個の球を全部落とした後に、どこのポケットに落とすか

宣言した上で、8番の球を最後に落とすという流れになります。

 

もちろんこの競技で勝つためには、8番を落とすためにローボールかハイボールは確実に

落とせる技量が必要です。

その技量の中に、先に書いた手玉をコントロールする能力も含まれることでしょう。

 

また、このLeisure用品を取り扱っている「Home Leisure Direct」というサイトで、

扱っている商品の使い方を、作った人ではなく、その使い方を知り尽くしているプロが

説明するというアイデアは今後参考にしたいと思いました。

 

 

via.

Home Leisure Direct.com|How to Play Pool: Rail Shots

 

 

 

 

 

 

胸は燃えていても、頭は冷めていないといけない

2015-11-02

6700031823_2150d96c70_z

by Dick Thomas Johnson

 

 

あらゆる政治行動の原動力は権力(暴力)である。政治は政治であって倫理ではない。

そうである以上、この事実は政治の実践者に対して特別な倫理的要求を

つきつけずにはいない。では政治に身を投ずる者のそなうべき資格と覚悟とは何か。

via.「BOOK」データベース

 

この問題提起は、ドイツの社会学者であり経済学者であるマックス・ヴェーバー(1864‐1920)

が『職業としての政治 (岩波文庫)』で問いかけている言葉です。

 

政治行動に権力(暴力)が伴うという言葉の現実味は、いまの世界の政治行動を見てみると、

思い当たるものがあるのではないでしょうか。

 

また政治行動に権力が伴うことは国家の仕組みから考えると当たり前のことです。

日本の場合は民主制なので、政治家は国民の代表として、国民のための政策を考えます。

 

権力の行使が暴力的に見えてしまうのは、日本は国内だけで政治をやっている訳でなく、

国際政治の影響も政治家として考える必要があるからです。

 

国が国民から借金をしているのにも関わらず、国際政治の影響を気にして更に国民に

負担を掛けるとなると、権力の行使が暴力的に見えても仕方がありません。

 

ですが、すべての日本の政治家が権力を行使して、自分だけ甘い汁を吸おうと考えている

訳ではないはずです。

 

甘い汁を吸おうと考えていた人は、それを指摘されると甘い汁を吸っていない理由を

クリエイティブに考えるでしょう。もしくは、まさにそこで権力という名の暴力を行使してくる

かもしれません。

 

元自民党幹事長の古賀誠さんは、『職業としての政治 (岩波文庫)』を読んで胸は燃えていても、

頭は冷めていないといけないということを教えてもらったそうです。

 

どうやら政治に関わる人のそなうべき資格として、余力(こころの余裕)は

常に残しておく必要があるようですね。

 

via.

朝日新聞DIGITAL|「権力の怖さを一番実感した時?それは今」 古賀誠さん

 

 

 

 

社会性だけが高ければいいのか

2015-10-24

60754611_119b727c61_z

by Paul Downey

 

昨日の投稿で良い悪いは別として、仕掛ける側はイメージの持つチカラを利用して

私たちに働きかけていることについて書きました。

 

では、抽象度の高い(社会性の高い)イメージが想起されれば何をやっても良いか

というと、そこにはバランスを考える必要が出てきます。

 

試しに、儲け話に例えると、自分の知らない分野において相手の何らかの働きかけ

により、自分の感情が揺れ動いたとします。

 

その後に、相手はこう言ったとします。

「実は、教えた方法よりもっと稼げる方法があるのですが、その稼いだお金で購入

してくれませんか。」

 

もし、相手がこう言ったとしたら、相手の意図は結局、自分自身のお金儲けのため

だったということになります。

 

そうなると、依存を生み出している時点で、本来それは抽象度が高いとは

言えないということです。

 

さて、バランスを考えることについてですが、この例えでいう所のバランスとは

ゴールのバランス(自分の人生の各方面へのゴール)のことを意味します。

 

また、抽象度の高い世界というのは、お金儲けをして手に入れられる世界ではありません。

そもそも、お金儲け自体がゴールになることはありません。お金儲けは、何か抽象度の高い

ことをするための手段だからです。

 

ですので、例え儲け話で自分のこころが揺らいだとしても、自分のゴール(ゴールのバランス)

を常に意識することを忘れないでください。

 

 

 

イメージの持っているチカラ

2015-10-23

16207445813_590dc80399_z

by GotCredit

 

 

普段、私たちの感覚器官は外の環境から入る様々な情報を処理しています。

 

その外から入ってくる情報の中でも、大部分を占めるのが目から入ってくる

情報です。

 

例えば、Youtubeを見るときにも目から情報が入ってきます。

でも、Youtubeで流れているのは映像だけでは無いはずです。

耳から入ってくる『音声』も流れていると思います。

 

もしも、そこで自分の感情が揺さぶられたとしたら、それは相手の利益になる何らかの意図が

仕掛けられている可能性があります。

 

ある動画を、見る目的が何もなくて自分の感情が揺り動いた場合、それを見てイメージされた

ものにマインドは影響されます。そして、大抵イメージされたものが良いものとして

捉えられます。

 

見る目的がある場合も同様です。というよりも、見る目的がある場合の方が、

何か仕掛けられていたと気づいたとしても、「まだ他に良いものが

あるかもしれない」という風に恐らく、更にのめり込んでいってしまうでしょう。

 

まさに、そのからくりがイメージのチカラに隠されているということです。

仕掛ける側は、何らかの方法でイメージを想起させ言語情報などにより、

その人たちによってつくられた世界に導こうとします。

 

ここまで読んで頂いて、イメージのもつチカラに関して、日常の中でも気に掛けて探せば、

何か思い当たるものがいくつかあると思います。

ぜひ仕掛ける側になる人は、イメージのチカラを一貫して抽象度の高い方向に使う

ことをオススメします。

 

To be continued!

 

 

エンツォ・フェラーリ方式

2015-10-18

(2015/10/21 更新あり)

8455458527_761a26e25e_z

by Leo Hidalgo

 

 

いつも当HPの投稿をお読み頂きありがとうございます。

 

さて、今回は告知目的で投稿させて頂きます。

 

これまで、デザイン関連や映像関連、アート関連と、もちろんコーチング関連

の投稿をほぼ毎日してきました。

 

これらのほぼ毎日の投稿は、あるマインドの能力の側面により生み出されています。

 

それは、「クリエイティビティ(想像力と創造力)」です。

 

 

現在、「”もの”の抽象度に囚われない抽象度の高いものづくりのカタチを世界に提供する」

という理念の下、法人設立することを考えています。

 

「もの」の抽象度に囚われないとは、物理的で機能を果たす固体の「もの」から、

映像作成といった少し抽象度の高い動きがある「もの」、そして音楽や芸術といった

アートとしてのものづくりを含むことを指します。

 

その活動を通して、すべての人が抽象度の高いやりたいことをやっている世界の実現に繋がる

ことを望んでいます。

 

それに際しまして、出資者募集、共同取締役募集をしたいと思います。

 

詳細につきましては後ほど書きますが、この時点で興味がある方は[email protected]まで

ご連絡下さい。

 

2015/10/21 更新

HPの下に事業内容(案)を追加しました。

 

なぜ皿洗い中にアイデアが浮かぶのか

2015-10-09

3727870484_d57ce2b914_z

by Alan Cleaver

 

 

フロリダ大学の研究チームが51人の生徒にあることをさせる実験を

行いました。

 

そのあることとは、たいてい食事の後に行う「皿洗い」です。

 

実験は2チームに分けて行われました。実験の前にメッセージカードが

それぞれのチームに渡され、片方のチームには、単に皿を洗う旨が書かれた

カードが渡されます。残りの半分のチームには、”集中して”皿を洗う旨が

書かれたカードが渡されます。

 

その実験から何が分かったのかというと、最初に集中して皿を洗うことを

伝えられていたチームのうち25%で、ストレスレベルが27%低下したことが

確認されたそうです。

 

この結果について、研究著者のAdam Hanley氏は

 

“It appears that an everyday activity approached with intentionality

and awareness may enhance the state of mindfulness,”

(この結果から日常生活の活動を意図的に集中して行うことで自分の心や身体の状態

に気づきやすくなることに繋がる可能性がありそうです。)

via.Washing Dishes Is a Really Great Stress Reliever, Science Says

 

といっています。

 

つまり、「意図的に集中する」ことで身体がリラックスしてストレスレベルが

低下したと考えることも出来るのではないでしょうか。

 

さて、今日の投稿の題名は「なぜ皿洗い中にアイデアが浮かぶのか」

になっています。

 

この題名にしたのは、アイデアが浮かぶときも身体のリラックスは欠かせないからです。

 

とは言っても、何も考えられなくなるほど身体をリラックスさせてしまっては

アイデアは出てこないかもしれませんので、普段慣れている皿洗い程度の軽い運動が

適度な身体のリラックス状態になって、アイデアが浮かびやすくなります。

 

via.

Gigazine|皿洗いがストレス緩和剤となる可能性、どのように洗うのが吉なのか?

TIME|Washing Dishes Is a Really Great Stress Reliever, Science Says

 

 

 

人間は本来、利他的に行動する

2015-10-08

3616545941_13195ae285_z

by Vancouver Film School

 

 

『恋愛適齢期』『ホリデイ』など名作を次々に手がけてきたナンシー・マイヤーズ。

前作に当たる『恋するベーカリー』の制作の後で、「恋愛以外の人間関係が描きたくなった」

との理由で作られたのが、10月10日(土)から全国ロードショーされる「マイ・インターン」

(原題:The Intern)です。

 

この映画は、70歳で仕事を退職したベン(役者:ロバート・デ・ニーロ)がもう一度仕事を

すべく、オンラインファッションサイトのCEOであるジュールス(役者:アン・ハサウェイ)

のもとで、シニアインターンとして働くことになり人生経験豊富なベンと、人生の問題に直面

するジュールスとの人間関係模様が描かれています。

 

また、この作品はアン・ハサウェイが、メリル・ストリープ演じる鬼のようなファッション雑誌の

編集長の下で、見習いとして働く役を演じた「プラダを着た悪魔」の

続編とも呼ばれている作品になります。

 

さて、映画監督のすることと、行動経済学のどこが関係するのかと言えば、それは「人間の行動が

関係してくること」にあります。

 

行動経済学における人間の行動とは、何かに価値を見いだしたときに行われます。

その何かとは、経済的合理性を無視したものだと考えられます。

 

一般的には、経済的合理性を無視するとは、利他的な判断をするという意味で

解釈されます。

 

つまり、人間は経済的合理性がなくても、他人のためになることに価値を見いだして

経済行動をするということです。

 

映画監督における人間の行動とは、主に役者たちに対するものをいいます。

その役者たちの行動は、監督の思い描くイメージに影響を受けます。

監督のイメージによって、配役も変わってきますし、撮影する場所も変わってくるはずです。

 

そして、映画監督に限る話ではありませんが、映画監督で例えると、先に役者同士が

利他的な行動を取るように作品を設計することも可能といえます。

 

マイヤーズ監督の「マイ・インターン」の予告編を見る限りでは、オフィスや家庭という

空間単位で上手く映画を設計しているように感じます。

 

via.

映画.com|廃れゆくハリウッドコメディの枠組みをも取り払う、見ておくべき重要な1作

ぴあ映画生活|名優たちが絶大な信頼を寄せる監督の魅力とは? 『マイ・インターン』特別映像

映画『マイ・インターン』予告編

Wikipedia|経済人

Wikipedia|行動経済学

 

 

 

 

 

 

 

行動経済学 x 映画監督

2015-10-07

3659751646_679a32f82e_z

by Mark Hillary

 

 

もし、町のショーウィンドウにあるものや、雑誌で特集されている

ものを見て購買意欲が駆り立てられたら、そこには誰かの「買わせようと

する意図」が隠されているかもしれません。

 

そのような人間の経済活動を認知心理学も交えて科学しようとする学問が

行動経済学です。

 

行動経済学とは、典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、

実際の人間による実験やその観察を重視し、人間がどのように選択・行動し、

その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の一分野の

ことをいいます。

 

従来の経済学では伝統的に「人間は経済合理性にもとづいて行動する」

と考えられてきました。しかし、行動経済学の研究者たちは人間が経済合理性から

逸脱する実例を次々と発見し続けているといいます。

 

人間が経済合理性から逸脱する行動を取るのは、行動を取る状況に人間の

心理が関わってくるからです。

 

ですので、行動経済学の仕組みを使えば人の購買行動を操れることも

可能と言うことも出来ます。

 

行動を取る状況を考えて人を動かせるのは、行動経済学を学んだ

マーケティング担当だけではありません。

 

映画監督だって例外ではありません。映画監督は状況を先に想像して

それに対して配役を考えます。また、状況に当たる脚本を自分で書く

監督も中にはいるのです。

 

To be continued!

 

via.

Forbes JAPAN|行動経済学の基本 自分の「不合理」を知れば、他人に操られない

行動経済学

 

 

 

ノンアルコールなのに酔えるのはなぜか

2015-09-27

5273144526_30b460d7d2_z

by Keoni Cabral

 

 

前の投稿で、プラセボ効果の限界は症状の状態に関係するのではないかということで、

頭痛を例に挙げました。

 

まず、頭痛にも種類があるので例えば偏頭痛の場合、偏頭痛の主な原因は

脳の血管の拡張にあると考えられています。

 

そうすると、プラセボ効果があった場合、何かがからだの治癒力に作用して

血管を正常な状態に戻すことになります。

 

それでは悪性新生物(がん)の場合ではどうでしょうか。

悪性新生物の場合は、プラセボで治せる時間より、悪性新生物の進行の方が

速くなる可能性があるので、その場合は医師に相談すべきです。

 

さて、プラセボ効果を狙ったものの違う例として、ノンアルコール飲料の

存在が挙げられます。

 

ノンアルコール飲料とは、酒類の広告審査委員会によると

 

 

ノンアルコール飲料とは、アルコール度数0.00%で、

味わいが酒類に類似しており、満20歳以上の成人の

飲用を想定・推奨しているものとする。

via.酒類の広告審査委員会

 
 
とあります。また、ノンアルコール飲料を飲んだことがある人なら

分かると思いますが、ノンアルコール飲料を飲むとアルコールを

飲んでないのに酔った感覚になります。

 

なぜ、プラセボだと分かっているはずなのに、酔った感覚に

なるのでしょうか?

 

それは、ノンアルコール飲料に脳が騙されて身体にまで影響が

出てしまうからです。

 

これは先の、頭痛に対するプラセボ効果にもいえることですが、

次元の抽象度の高い情報場が私たちの物理場に影響を及ぼしていることを

物語っています。

 

ということは、同じく次元の抽象度の高い、マインド(脳と心)の使い方は、

私たちの行動に大きな影響力を持つことになります。

 

このことは抽象度は高いところから低くなっていくことと一緒に、覚えておいた方が

いいかもしれません。

 

via.

『誤用される「プラセボ効果」』の誤用と「プラセボ効果」のそもそも論

酒類の広告審査委員会|ノンアルコール飲料関係

 

 

 

 

« Older Entries
Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.