メインイメージ

 

苫米地式コーチング(Dr.Tomabechi Personal Coaching)とは、
脳機能学者、認知科学者として知られる苫米地英人博士
によって開発されたコーチングメソッドです。

 

苫米地式コーチングの他のコーチングとの決定的な違いは、

コーチがクライアントの無意識にダイレクトに介入して働きかけを行う

ところにあります。

 

一般的なコーチングはコーチ側からクライアントの
無意識への介入行為は行いません。
あくまで対話(ダイアログ)の中で、クライアントの考えを
引き出す方法をとります。
この方法は、一見すると本人も納得のいく結論が得られると思われますが、
実は重大な欠陥を抱えています。

 

それは何かというと、

問題を発生させている思考(意識)から

導き出された答では、問題解決はできない

からです。

 

問題を発生させている思考(意識)は、家族や友達、学校、
職場、サークルなど周りのひとの価値観から 様々な影響を受けており、
問題解決の糸口が見えなくなってしまっていることが多くなっています。
これは人間の脳にはスコトーマがあるためです。 

 

そのため、

周囲の価値観に影響され、それ以外が見えなくなっていた脳に

ダイレクトに働きかけることによってスコトーマに 気づかせる

ことができればそれを劇的な変化に 繋げることが出来ます。

 

以下は、苫米地式コーチングの代表的なステップになります。
通常のコーチングとは随分異なることがわかると思います。

 

ステップ1

今の自分では、到底実現が不可能に思えるレベルのゴール設定を行います。

簡単に実現することができるものは、既にあなたが見えている、

狭い世界の枠組みの中で設定されたゴールであるからで、

真のゴールではないからです。

 

ステップ2

この脳へのダイレクトな働きかけは、言語だけでなく非言語によるもので、

無意識の書き換えを行います。

 

ステップ3

気づきにより、見えている世界そのものが変わるため、ゴールの達成能力に

対する自己評価(セルフエフィカシー)が高くなり、クライアントは

自然に自分でゴール達成ができる状態になってしまいます。

 

 

 

苫米地式コーチングは、クライアントの自ら望む真のゴールを引き出し、
ゴールの達成能力に対する自己評価(セルフエフィカシー)を高め、
マインド(脳と心)の潜在能力を引き出すことで、
クライアントのゴール達成を手伝います。


コーチングの最高峰でこれからもあり続けるであろう、
苫米地式コーチングをこの機会に是非、ご利用下さい。

 

 

 

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.