朝から始まる『夜』の過ごし方

2015-12-28

2222367956_66fc2934dd_z

by Lori Branham

 

 

もう外は暗くなった頃でしょうか。

それは冗談で、今の時間は太陽が真南から西に傾きだした頃でしょうか。

 

さて、スウェーデン人からしてみれば、日本の中年男性が若い女性とラブホテルに入り、

約2時間後にコトを済ませて出てくるさまは、スウェーデンの性生活からは

考えられないことのようです。

 

というのは、スウェーデンでは性生活を生活の一部と考えているからです。

例えば、体の関係を夜にするとすれば、朝起きてからの全ての行動のプロセスが

その日の夜のために繋がっているとスウェーデン人は考えます。

 

尚、スウェーデンでは売春が禁止されており、売春をしたりその客になることは

処罰の対象となります。

スウェーデン政府の意図は分かりませんが、そもそもお金では幸せは買えません。

 

このことからも、幸せな夜を過ごすには、長い時間のスパンで観ることが

必要というのが分かると思います。

 

また、スウェーデンの「LELO」というメーカーのpersonal massagerが

スウェーデン人女性に人気のようですが、

ひとりや二人以上で幸せな気持ちに相互になるのにも、ある程度

長い時間と経験が必要です。

 

そして、もちろんこういった気持ちの良い感情をアンカーやトリガー

に使うことも出来ます。

 

気持ちの良い感情を出す分には、必ずしもパートナーと一緒に寝る必要はないのですが、

是非、全ての人が今後より幸せになっていくために、次に気持ちの良い感情を出す

時には、前の時よりも気持ちの良い感情を強化していってみて下さい。

 

via.

性の先進国スウェーデンに学ぶ「幸福な”夜”の過ごし方」

 

 

 

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.