プラセボ効果の限界はあるか

2015-09-27

6648292491_9d11785b9d_z

by Joe Crawford

 

 

プラセボ効果とは、偽薬効果とも呼ばれるもので、砂糖やでんぷんなど

薬として効き目のないものを、本物の薬として対象者に飲んでもらうことで、

症状に対する効果が見られることをいいます。

 

新しい薬を開発するときにも、比較試験を行う際にプラセボが用いられます。

その際、プラセボだけでもある程度の効果が得られるので、新しい薬として

認められるには、プラセボによる効果ではない、その薬による明らかな効果が見られる

必要があります。

 

例えば、頭痛薬を開発することになったとして、比較試験をする際にプラセボが

用いられると思いますが、その前にこの例の場合は頭痛の症状に対する薬の開発

ということになっていますが、そもそも頭痛とはからだがどのような状態にある

ことを指すのでしょうか。

 

プラセボの限界は症状の状態に関係してそうです。

 

To be continued!

 

via.

武田薬品|プラセボとは?

偏頭痛の治療

 

 

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.