未病という考え方

2016-02-22

14749859573_4c792eeb9c_z

by with wind

 

 

「未病」という言葉があります。

 

未病という言葉は今から約2千年前に中国の医学書「黄帝内経」に出てきたのが始まりと言われています。

未病という状態があるのは、私たちにはこころと身体があるからで、極端に病気の状態と健康の状態が

入れ替わるわけではありません。

 

日本未病研究学会によると、未病とは

 

「健康状態の範囲であるが病気に著しく近い身体又は心の状態」

 

と一応ではありますが定義してあります。

しかし、未病の確立した定義は無いのが現状のようです。

 

つまり未病の定義がどうであれ、常に健康の状態であることが良いはずです。

未病はサインでしかありません。

 

とはいうものの、未病の状態は自覚症状や他の人から見てもわからないものも

含まれるとのことなので、サインそのものに気づかない場合もあります。

 

その場合は、悪くても未病の段階で生活習慣の改善をする必要があります。

生活習慣の改善をすれば、そもそも未病にもならないはずだからです。

 

”身体”の病気にならないためには、生活習慣そのものを改善してみて下さい。

 

via.

未病とは|日本未病研究学会

未病について詳しく知る|養命酒

 

 

 

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.