美しく見える配線の仕方

2015-07-07

前回までの工程で組み立て作業は完了しました。

 

次は配線作業に入っていきます。

 

配線作業で使う道具は、ハンダごてと圧着工具を使って配線作業を行っていきます。

 

配線作業がどのようなイメージか掴みやすくするために「制御盤配線作業」

Google画像検索してみると分かりやすいかと思います。

 

配線作業のポイントとしては、検索した画像のように、一本の電線のルートが

きちんと見えるようにして、電線を曲げるときは直角に曲げるようにすると

綺麗な配線が出来ます。

 

抵抗器やマイクロスイッチに電線をつなげる際にはハンダを使いますが、

端子台に電線をつなげる際には圧着端子を電線の先に付けます。

 

圧着端子は裸圧着端子を使います。裸圧着端子は被覆付圧着端子と違い、

圧着端子の根元から0.5mm~2mm電線が見えるようにしないといけないので

電線の皮をむく際には注意が必要です。

 

配線作業が終われば課題が完成です。

 

この課題は、組み立て作業から配線作業まで標準時間で4時間で完成させる課題になります。

7月18日(土)の本番に向けてこれからも練習に励みたいと思います。

 

via.

Google画像検索|制御盤配線作業

 

 

Copyright© 2015-2018 苫米地式コーチングならDraw Mind All Rights Reserved.